クリニックから病棟勤務への転職・再挑戦を考えている看護師へ

看護師が働く現場というのは様々なところがありますね。その中で最も分けて考えやすいのが、クリニック勤務か病棟勤務かです。病棟からクリニックへと転職をする人は多くいるように思いますが、やっぱり病棟での看護師時代がよかったと再就職をする人もいるでしょう。

 

一般的にはクリニックのほうが時間に都合がつけやすいとか、楽などといわれているので、出産や子育てなどを経て復帰をした看護師にはクリニックが人気とされています。でも働きやすいかどうかはその人次第なので、復帰するなら思い切って病棟へというのももちろんアリです。

 

もう一度病棟勤務へと思っている場合は、とりあえず自分が新人だと思って飛び込んでみてください。看護の現場として最先端といえる場所ですし、医療が進むに連れて覚えなくてはならない新しい仕組みもたくさんあり、昔働いていたからといっても、昔とはわけが違います。ほとんどが新しく覚えることだらけなのです。

 

もし転職や再就職を考えているならば、昔の経験はひとまず捨てること。何でも吸収してその病棟らしさに染まっていくという努力が必要になってきますね。その中で自分の経験が活かせる場面があれば活かしていく、それぐらいの気持ちで取り組んでみてくださいね。思った以上に大変な転職や再就職ではありますが、求人紹介会社ではそんな働きたい気持ちをサポートして、働ける場所を簡単に探せるようになっています。利用してみると、いい職場が見つかるでしょう。

やっぱり、看護の基本が身に付くのはクリニックよりも病棟

クリニックで働きたいと考える看護師は多いようです。色々な理由がありますが、病棟での忙しさに疲れてしまったとか、家庭を優先したいからなどというものです。確かに夜勤ありの病院勤務などよりも明らかに勤務時間は安定しているでしょうし、楽に働ける場所かもしれません。ただ、楽だからという理由で選択するのは少し違いますね。

 

本来は、医院は病院である程度経験を積んで看護の現場を知っている人が転職をする場所、として考えてください。そのため、クリニックで看護や医療の技術を学べるかどうかというのはちょっと疑問です。看護師として働ける場所ではあるものの、クリニックと病棟は根本的に看護師のあり方そのものが違うのです。既に基礎の知識があることを前提としてクリニックでは看護師を採用している場合が多いので、病棟での経験が必須となってくるでしょう。そしてあまり看護や医療技術についての指導などはしません。知識があって当然と考えているからです。

 

本格的に看護や医療の技術を学びたいというのであれば、もう一度病棟勤務へチャレンジしてみてはどうでしょうか。もし挑戦するならば出来るだけ早めにしておきましょう。病棟で勤務している間に色々な思いが沸いてくるものです。そこから興味を持った看護を専門的に学んだり、どんどんスキルアップしていけるのが一番理想です。そう考えて先を見据えてみると時間もあまりありません。なるべく若いうちに、できるだけ多くの看護や医療技術を身につけられるように頑張りましょう。