ブランクからの復帰 クリニックか病棟にするかの決め手

一度看護師としての仕事を退職してから復帰をする場合は不安がつきもの。やはりある程度間があいてしまうと、現場で働いた感覚が失われてしまいます。ゆっくりと思い出していく必要がありますが、患者さんは待ってはくれません。看護師の仕事というものはそういうものなのです。

 

ブランクがあると、どういう職場に復帰するべきかも悩みます。クリニックがいいのか病棟がいいのか、これは大きな分かれ道であるといえるでしょう。これはどちらが正解という問題ではありませんね。その人の希望やこれからどうやって仕事を続けていきたいかにもよるでしょう。

 

主にクリニックの場合は、結婚や出産を経て復帰する人が選択する確率が多くなっています。なぜかというと、勤務時間が安定していることに理由があります。クリニックの開院は何時から何時までと決まっていて、それより多少は遅くなったりするものの、入院施設がなければ夜勤などは原則ありません。看護師として安定した勤務時間で働くにはクリニックが一番です。

 

逆に看護師としてのスキルを一番に考えたいというならば、病棟が看護の現場での最先端ですから、病棟勤務を選ぶといいでしょう。確実に技術が身につきます。もっともっとスキルアップしていきたいという場合なら、病棟勤務が絶対に役立ちます。看護師ならどこでも同じではなく、自分の目的を明確にしてそれに合った職場を探すこと、それがブランク明けの職場の探し方です。特にクリニックか病棟かは分かれ道となるのですから、復帰する際にじっくりと考えてみてください。