【外科病棟への転職】外科系クリニックとの違い

外科は主に患者さんを手術などで治療していく診療科目です。他の科よりもハードで辛いイメージがあるのではないでしょうか。確かに外科は手術前のケアをしなくてはならないし、手術後のケアも必要。特に手術後は手術の影響で手や足が動かない、痛みがひどいといった患者さん自身の苦しみとも向き合わなくてはなりません。よくなるために行った手術なのに、回復までは辛いという状態が患者さんを苦しめるのです。それをケアしてあげるのも当然看護師の仕事の一つです。

 

外科系クリニックも外科ではありますが、やはり業務内容は違うでしょう。手術を行う場合もありますが、大抵はクリニックでできるような小規模な手術なので、それほど本格的なケアをしなくてもいい場合がほとんど。患者さんへの向き合い方も違うでしょう。

 

忙しさがかなり変わってくる両者なので、どういった働き方をしたいかどうかで選べるのが理想。求められる業務そのものは似ているようで違うのですが、病棟のほうが任される業務は多岐に渡るので、看護師として成長できる診療科目でもあります。

 

クリニックからの転職はそのような点を踏まえて、慎重に自分にとっていい環境を選んでください。転職を考えている人はスキルアップを目指しているはずなので、忙しく業務をこなさなくてはならない病棟に身を置くというのは一つの修行としてもいいものです。忙しいだけではなく、そこで得るものは必ずあります。求人・転職支援サービスなどを使うと、職場も探しやすいですよ。