【内科病棟への転職】内科系クリニックとの違い

内科というのは、患者さんに投薬を行ったり、生活習慣の改善をしながら症状を改善していくという治療をする場所です。診療科目の中では最も受診する人が多いといわれています。内科の病棟で勤務する場合には、とにかく常に患者さんのお世話をし続けるのが主な業務。忙しくあっという間に時間が過ぎてしまいます。急性期なのか慢性期なのか、働く場所によって役目は少しずつ違いますが、基本的に病棟なら、看護師として果たす役割は似ていると思います。

 

しかし、地域にある内科のクリニックも同じなのかというと、そこは少し違います。クリニックの場合は通常、外来で来た患者さんを先生が診る、それのサポートとなります。もちろん患者さんに寄り添って看護をすることも多くなります。地域に根付いている場合は、定期的に投薬のために通ってくる患者さんもいるでしょうから、その患者さんに寄り添ってあげるという心のサポートも仕事の一つです。

 

似たようなところはあっても、働いてみると全く別物と感じることが多い2つの環境。病棟の場合は処置をする状況もたくさんありますし、とにかくやることがいっぱい!という状態です。逆にクリニックの場合は、行う処置としては注射や採血ぐらいのものですが、その技術も病棟勤務あってこそだとは思います。

 

業務や求められることの違いを説明しましたが、働く側の気持ちでも変わってくるでしょう。もっと看護や医療について知ってスキルアップしたいのであれば病棟、ある程度落ち着いて患者さんを看てあげたいのであればクリニック。それぞれの特長を活かして自分らしく働ける場所を探してみてはどうでしょうか。