クリニックから病棟勤務への転職〜スキルアップのポイント〜

看護師としてもっとスキルアップをしたいと考えて、クリニックから病棟への転職をする人にとっては、病棟でどれだけスキルを身につけられるかが勝負といえるでしょう。確かにクリニックよりも病棟のほうが、業務も忙しくやることもぐんと増えます。その経験が身につくだけでも、看護師として一回り大きくなれることは間違いありません。

 

ただ、病棟でがむしゃらに働けばそれでいいのかというと、そういうわけでもありません。しっかりと自分が何を目標として働くのかを明確にしなくてはいけませんね。まず、看護師という仕事にも色々な分野があります。大抵はまず働きながらどんな分野の知識を特に身につけたいか、ということを考えます。そして働きながらスキルアップのため仕事をしたり、資格を取得するなど、医療従事者として上を目指していくのです。

 

転職をしたら、まずはとにかく目の前の業務をこなしていくことに気持ちを傾けましょう。最初は何が得意とか何が好きだとか、そういったものは見つけるのが難しいので無理に見つける必要はありません。だんだん慣れてきたら、大抵は自然と自分のなりたい看護師像が見えてくるはず。クリニックとは違い、業務も忙しくて色々な業務があるからこそ自然と見えてくるのではないでしょうか。

 

そして向上心が大切です。何でも吸収していき、自分の目標を見つけたら、今度はそれに向かって頑張っていく。看護師という仕事は大変ですがやりがいのある仕事。だからこそ目指す人も多いのです。現状維持に満足せず、自分らしく頑張れる環境・スキルアップができるところを自分で見つけてみましょう。