【総合病院の病棟勤務に転職】クリニックのときと働き方はどう違う?

クリニックと病棟、同じ看護師とはいえ、実際に働いてみると違いがある職場です。どちらがいいのか、どちらが向いているのかはその人次第なので、実際に自分がどんな看護師を目指したいのかで判断して決めるといいでしょう。

 

総合病院の病棟勤務というと、何だか看護師としては大変そう……と感じるかもしれません。確かに仕事内容が多岐に渡るため、忙しさはクリニックよりも何倍にもなるかもしれません。覚えることも多いですし、あっという間に時間が過ぎてしまうほどに忙しく毎日が終わっていきます。それをやりがいと感じるかどうかはその人次第ということですね。しかし、頑張れば頑張るだけ看護師としてのスキルアップが可能なのは総合病院の病棟勤務ならではです。そこでしか得られない看護の技術があるので、今後の経験としてとても貴重な体験にもなります。

 

また働いていく間に専門的に学びたいと思える分野も見つかりやすいでしょう。忙しいのは嫌という人も多いでしょうが、クリニックよりも助け合って仕事ができるという面では、とても充実した仕事ができるはずです。忙しい分コミュニケーションをしっかりとって助け合い、仕事にも張り合いが出るはずです。一緒に頑張っている仲間が多ければ多いほど、自分自身も頑張ろうという気持ちになるものですね。どんな職場を理想とするかはその人次第ですが、忙しいのが苦ではない、仕事に没頭したいという人は総合病院も考えてみるといいでしょう。