クリニックから病棟勤務への転職〜夜勤はどこまでやるか〜

クリニックから病棟勤務へ転職をする場合に考えておかなくてはならないのが、夜勤のことです。元々病棟で働いていた人なら夜勤についても知っていると思いますが、未経験でクリニックでずっと働いていた人にとっては、未知の世界であるといえるでしょう。やはり夜働くというのは体力的にも精神的にも辛いものです。生活のリズムを整えていかないと、夜の勤務をはさむことによって自分の体調を崩すことにもなりかねません。また夜勤の時間帯は看護師の数も減るので、患者さんの命を預かる病棟となると、看護師にも負担が増えてしまいます。

 

そのため、転職の前に夜勤への対応についても考えておいてください。もし日勤だけを希望するのであれば、そういった職場を探してみましょう。それはそれでその人の働き方なので問題はありません。求人紹介会社などで探せるはずです。そういった条件をつけて病棟勤務をしている看護師もたくさんいます。

 

ただ、できるかできないかで選択できる就職先が変わるという事実はあります。当然どんな時間帯でも勤務できるという看護師のほうが好まれる傾向にありますので、採用される確率も上がると思ってください。条件に制限をつけるとそれだけ採用率は下がってしまうものです。夜勤があるかないかは大きな違いなので、そこは制限をかけてこだわってもいいとは思いますが、それ以外の細かな希望などはできるだけ病院に合わせて働けるようにすると、看護師としての転職も成功するはずです。