クリニックから病棟勤務への転職〜残業の考え方には要注意〜

看護師の病棟勤務は残業がひどい、などという話を聞いたことはないでしょうか。クリニックに勤めていて病棟勤務は未経験の人だと、その噂に振り回されてしまってなかなか病棟勤務への転職に踏み切れないという人もいるでしょう。

 

確かに、忙しいと患者さんのお世話だけで時間が過ぎていってしまい、その後に記録などを行って1時間や2時間程度の超過は普通にあるものです。やはりある程度の勤務時間超過は避けられない仕事です。しかし、人相手である以上は看護師に限らずどんな仕事でもそうういった面はあります。人の命を預かる仕事でもありますから、なかなか自分の都合で今日は帰ります、とはいかないのは当然。クリニックならそれでよかったのかもしれませんが、大きく変わるというのは知っておきましょう。

 

そうはいっても、実際に残業があまり発生しない病院もたくさんあります。それは管理者の管理方法や業務の進め方が効率がいいから。たくさんいるスタッフをいかに効率よく業務にまわすか、これだけでも勤務時間がだいぶ変わってくるのです。

 

そういう信頼して仕事ができるような人の下で働けると一番ですが、なかなか見極めるのは大変です。残業が発生する場合でも、その管理者が当然と思うか、それとも残ってもらってごめんね、という気持ちでいてくれるか、同じだけの時間超過だったとしても、より頑張って仕事をしようと思えるかに違いがあります。人相手の仕事なので時間の延長などは仕方がないとしても、職場の環境次第で残業に対しての考え方も変わると思います。